港めぐりの小さな旅

森藩領 頭成から幕府領 小浦まで

「頭成」と「小浦」は、江戸時代からの港町であり、かつての森藩領であった「頭成」は藩主久留島氏の参勤交代に利用されました。本陣(藩主の宿所)の役割を果たした覚正寺を中心に、往時の繁栄の足跡を学芸員さんと一緒にゆっくり歩いて巡ります。

■ ひじならでは ■
江戸時代からの
港町の魅力が
たくさん!

日出町歴史資料館・帆足萬里記念館学芸員
梅野 敏明

江戸時代の町なみを歩こう
頭成には江戸時代からの町並みがあまり変わらずに残っています。

日時 9月20日(金)13:30~15:00
料金 500円
準備物  
定員 10名程度
集合場所または会場 集合:覚正寺
日出町豊岡1009-1
TEL0977-72-2905
P 20台
予約・問い合わせ ひじ町ツーリズム協会 TEL0977-72-4255 ※2日前まで要予約